> > プロミス借入の際、虚偽がバレたら、どうすればいいの?

プロミス借入の際、虚偽がバレたら、どうすればいいの?

プロミスから借り入れようと考えている方の中には無職だったり、アルバイトだったりと審査に通るのが難しい方がいらっしゃるかもしれません。

その状況に直面した場合、2つのパターンが考えられます。

一つはだめなら仕方がない、と潔くあきらめる人たち。

そして、もう一つはなんとかしてプロミスの審査に通る方法はないかと悪知恵を絞る人たち。

申込内容に虚偽を記載してしまう人もいますが、なぜそれが賢明でないのか、そして、虚偽がバレたらどうすればいいのか、以下みてみましょう。

借入の際の虚偽は必ずバレる

無職やアルバイトの人が正社員を装って申込をしたい気持ち、年収200万円の方が300万円くらいに上乗せしてみたい気持ちはよく分かります。

自分の現状をありのまま記載したらきっと審査に通らないのでは、と心配になるのです。

しかし、プロミスもそうした申込者がいることくらいよく把握していますし、それを見抜けなければ、融資したお金を回収できなくなります。

ですから、それなりの対策を講じていることは当然のことです。

プロミスは勤務先の虚偽を在籍確認によって見抜く

一番多いケースは、実際の職場とは異なる一部上場の優良企業の名前を書いたりして、勤務先を偽ることです。
(⇒プロミスを利用できる職業とは

中には、存在しないアリバイ会社、架空の会社を作って記載する人もいるようです。

プロミスを始め、消費者金融や銀行がその虚偽を暴くために用いる方法が在籍確認 です。

最近ではWEBですべての取引が完結できるサービスが増えてきており、プロミスも実施しています。

しかし、やはり多くの消費者金融、銀行がなおもこの在籍確認の手続きを堅持し続けるにはそれなりの理由があるのです。

在籍確認を過度に心配する必要はない

勤務先の虚偽申告を防ぐために行われる在籍確認は多くの借入希望者にとって非常に嫌がられる手続きの一つです。(こちらもご参考に→勤務先への連絡なしでプロミス使える?

なぜなら、それによって会社の同僚や上司に借入がバレてしまうのでは、という恐れがあるからです。

しかし、在籍確認といっても、プロミス側も会社名を名乗ったり、融資のための審査であることを電話口で話すわけではありません。

融資希望者が在籍していることが分かれば、それで良いわけです。

ですから、落ち着いて電話に出て、簡単な質問に答えれば手続きは終了します。

年収や住所の虚偽は提出書類によってバレる

また、年収を上乗せしたり、場合によっては住所や連絡先に関して虚偽申告をする方がおられます。

これらの情報も後ほど提出が義務付けられている本人確認の書類や、源泉徴収票などの提出書類と照合すれば、虚偽かどうかはすぐにバレます。

以上より、プロミスの審査の際に審査を有利に運ぼうとして虚偽申告をしても必ずバレる、ということがお分かりいただけたかと思います。

虚偽がバレたら借入はまず不可能!

さて、そこまで重大なこととは知らず、なんとかごまかせるだろうと考えて申し込んだ結果、バレてしまった場合、プロミスからの借入は可能なのでしょうか?

結論から言いますと、残念ながら借入はまず不可能である、と言わざるを得ません。

場合によっては詐欺になる!

その理由はプロミスに限らず、消費者金融が融資を行う際には信用を大変重んじる からです。

もっとも、これは別に金銭消費貸借契約に限ったことではありません。

賃貸借契約に関しても、売買契約に関しても、取引社会においては相手からの信頼は最重要といっても過言ではないでしょう。

その証拠に相手が虚偽を信じて契約が成立した場合にはその契約は取り消すことができると日本の民法も定めています。

ですから、これは融資が可能かというレベルを超えた、さらに重大な問題と言ってよいでしょう。

また虚偽があまりに悪質であり、それをプロミスが信じてお金を貸したのであれば、刑法上も詐欺罪が成立する可能性すらあります。

バレた場合にはその事実は信用情報へ

もっとも詐欺罪にまでなることはほとんどないかもしれません。

なぜなら、その手前でプロミスも虚偽に気づき、融資は実行されないからです。

しかし、すでに虚偽を申告したという事実は存在しますから、それなりのペナルティは課されます。

つまり、その事実は個人の信用情報に登録されることになり、その後はすべての金融会社に知られるところとなる、ということです。

結果として、プロミスに対して行った虚偽はその後の借入にも影響を及ぼし続けることになります。

各社とも信用情報を必ず審査の際に参照しますから、虚偽の事実ゆえに審査通過は困難であることはほぼ間違いなしです。

一度の軽い気持ちで行った虚偽申告が及ぼす影響、支払う代価はあまりにも大きい、と言わざるを得ません。

虚偽がバレたら時間を置いてみる

こんな状態では他の会社からもお金を借りられるはずもありませんから、しばらく時間を置くしかありません。

個人の信用情報は時間とともに情報が更新されます。

例えば、自己破産などの金融事故の情報も5年以上経過すれば消されると言われています。

それで虚偽記載の事実も時間の経過とともに消される可能性はあります。

しかし、それがどのくらいかかるのか、またその事実を各金融会社がどう受け止めるのかは状況次第としか言いようがあります。

次回の審査チャレンジまでできることはたくさんある!

それでできることは数年経過した後にもう一度、プロミスの審査にチャレンジしてみることです。

今度は正直に、誠実に申し込むことは言うまでもありません。

もともと審査通過に不利な状況ゆえに虚偽の申告をしたのですから、その待つ期間にきちんとした定職につき、そこで真面目に働きましょう。

勤続期間が長くなればなるほど、収入が増えれば増えるほど、審査に通過する可能性は高くなりますので、頑張ってその可能性を高めましょう。

その観点で考えれば、いずれにしても数年の期間は必要になる、と言えるかもしれません。

一度の虚偽の代価は重いですが、後悔しても始まりません。

前に進むのみです。

虚偽申告するくらいなら知恵を絞れ

さて、審査通過が難しいという現実に直面した場合に、あきらめない、という選択は決して間違ったことはではありません。

ただ、虚偽申告するという方向性が間違っており、もっと知恵を絞って審査にチャレンジする方がどれだけ優れているかわかりません。

例えば、無職なら、少なくともアルバイトを半年続けてみて、一応安定した収入がある、という既成事実を作ってみてはいかがでしょうか?

多めの利用限度額が希望なのはわかりますが、審査通過を第一に目指して、少なめの希望額 でまずはチャレンジする方法もあります。

いろいろと工夫はできるのですから、安易に虚偽申告をして、多くのリスクを犯すよりももっと知恵のある方法を選ぶことをオススメいたします。

【参考ページはこちら】
無職の人が仕事をしていると嘘をついてプロミスに申込んだら?

新着記事
TOPICS