> > もっとプロミスからお金を借りたい…追加融資出来る?

もっとプロミスからお金を借りたい…追加融資出来る?

はじめはそんなにお金なんて借りなくても大丈夫…

そう思っていても、意外と使ってみると便利でついつい「もっと借りたい!」なんて思っている人、多いんじゃないでしょうか?

「でも最初に借りたお金を返さないとまた借りることは出来ないの?」

「追加でもうちょっと借りることができる?」

そういった、カードローンにあまり慣れていない方が知りたい、「追加でお金を借りる」方法を大手消費者金融「プロミス」を例に徹底解説します!

「追加融資」といっても意味は2つある!

カードローンの単語としてみると、「追加融資」からは2つの意味を取ることが出来ます。

ひとつは単純に「追加で融資を受ける」という意味。

もうひとつは「利用枠を追加して融資を受ける」という意味です。

一般的な追加融資ならすぐにでも可能!

仮に利用限度額が40万円の人がいるとしましょう。

その人が既に10万円を借りていて、「あと5万円借りたい」と希望した場合、解決方法としては非常に簡単です。

それこそそのまま、追加で5万円を借り入れればいいからです。

40万円という利用限度額の中であれば、いくらでも借り入れと返済を自分の好きなようにやりくりできます。

借り入れの合計金額が40万円を超えるまで借りることは出来ません。

利用限度額とはいわゆるカードローンにつくった自分の貯金のようなものと考えればわかりやすいでしょうか?

預けている金額までは自分で自由に引き出すことが出来ますが、預金額を超えてお金を引き出すことは出来ませんよね。

今回の例の場合、既に10万円を借りているわけですから残っている預金額は30万円。

30万円以内であれば好きなタイミングで追加の借り入れが可能、というわけです。

プロミスでの借り入れ方法は以下の4種類。

  • インターネットなどからの振込キャッシング
  • プロミスのATMでキャッシング
  • 提携ATMにてキャッシング
  • プロミス店頭にてキャッシング

自分の好きな方法で借り入れが可能です。

現在の利用限度額を上回りたい場合は増額

対して、もうひとつの意味は「追加融資」といってもちょっと違う意味合いを持ってきます。

先ほどの例を引き続き使いますと、利用限度額が40万円の人が「50万円借りたい!」と思ったとしましょう。

これは、可能だと思いますか?…ムリですよね。

なぜなら利用限度額を超えた金額を借りたい!と思っているからです。

40万円-50万円で10万円マイナス。小学生でもわかる計算です。

じゃあもう他のところで借りるしかないの?…というわけでもありません。

プロミスでは「増額」をすれば、今は利用限度額が40万円であっても、50万円を借りることができるようになるんです。
(⇒プロミスの限度額を増やす方法教えます!

「増額」って一体どんなこと?メリットは?

「利用限度額を超えてお金を借りることができるようになる」

と聞くと、なんだか奇跡のような、インチキのような話に聞こえてしまうかもしれません。

増額とは、正確にいうと「利用限度額の増額」ということなんです。

利用限度額、借り入れできる上限の金額を大きくすることを一般的に「増額」といいます。

利用状況によってはプロミス側から利用限度額を増額してくれることもありますし、自分から増額を申し込むことも可能です。

特に今の利用限度額で不満はない方にとっては増額はあまり関係がない話ではありますが、少しでも多くお金を借りられるようにしておきたい、という方には気になるポイントである

「増額によるメリット」

これについてちょっとお話したいと思います!

他の会社から借りる必要がなくなる

利用限度額が借りたい金額に達しない場合、増額を試みるか他の会社からもお金を借りて合計でその金額に達するようにするか、諦めるかの3択になります。

正直いうと他社から借りる方、もしくは諦める方がラクなのですが、複数の会社から借りるとなるとなかなかめんどくさいことが多いんですよね。

まず申し込みをして、審査に可決しなければなりません。

スムーズに審査に可決すればいいのですが、お金を借りる会社が増えるごとに審査は当然ながら厳しくなっていきます。

しかも一度に複数の会社に申し込むと、いわゆる「申し込みブラック」と言われるものになってしまう可能性があり、お金を一切借りることが出来なくなってしまうリスクも伴います。

(こちらは短期間(1ヶ月程度)の間に3社~4社以上に申し込むとなりやすいと言われています。

もしなってしまうと半年間はカードローンの申し込みをしても審査に可決しなくなってしまいますので、注意が必要です)

プロミス1社で増額してしまえば、他の会社で借りる必要がなくなりますので

  • 申し込みのわずらわしさ
  • 審査が可決するかどうかわからない不安定な状態
  • 申し込みブラックに鳴ってしまうリスク

これらを回避することができるわけですね。

金利が低くなる可能性がある!

こちらの方が魅力としては強いかもしれません。

カードローンというのは基本的に借り入れ金額が大きいほど金利はそれに反比例して低くなっていきます。

プロミスでも、金利は「4.5%~17.8%」と、幅はなんと13.3%にもなります。

4.5%という金利で借りることが出来れば非常にお得であることは火を見るよりも明らかですが、いかんせんこのような金利で借りることができる人はごくごく一部。

多くの人の場合、17.8%からのスタートといっても過言ではないと思います。

しかしプロミスにて増額をして利用限度額が上がることによって、金利が引き下げられる可能性が出てきます。

その理由は、利息制限法という法律にあります。

プロミスに適用される法律のひとつなのですが(プロミスに限らずカードローン事業を行っている場合必ず関わってくる法律といってもいいでしょう)、

その名の通り利息に関する決め事がされているものです。

その中で100万円以上の借り入れの場合は、利息は15%を超えてはいけないと定められているんです。

これは複数の会社からの借り入れ金額の合計で…というわけではなく、1社からの借り入れで100万円以上の場合です。

よくCMなどで「おまとめローンで金利を下げる!」と言われていますが、そのからくりはこの利息制限法にあるわけですね。

なので同じ100万円を借りることになっても、1社から借りるのと3社から合計して借りるのとでは結構違うんです。

プロミスで30万円、他の会社で20万円、30万円、20万円…という風に細かく借りているとすべての会社が最高金利(18%程度)の適用になってしまいます。

でもプロミスから100万円借りることが出来れば金利は15%まで抑えることができます。

毎月の支払いの負担が減る!

複数の会社からお金を借りることになった場合、毎月それぞれいくらかの返済をし続けなければなりません。

1つが3000円くらいであってもそれが4社くらいとなると合計して毎月12000円の返済額になります。

これが1年以上続くとなると結構な負担ですし、会社によっては返済日もバラバラなため管理も煩雑になります。

つい返済日を勘違いして期日までに返済が間に合わなかった…なんてことになってしまう可能性も。

増額して1社からの借り入れで済ますことができれば、管理もラクですし毎月の返済額も抑えることが出来ます。

少しでも早く返済したいというなら、繰り上げ返済を上手く利用すれば自分のペースでより早く完済に持っていくことも可能ですよ。

プロミスで増額する方法は?条件は?

実は、カードローンにおいて増額ができる条件をはっきりと書いてくれている会社はほぼありません。

先人たちの経験や、数少ない増額が申し込める条件を記載している会社の内容を参考にして、「だいたいこのくらいなら大丈夫だろう」と言われています。

プロミスも具体的に増額を申し込む条件などは出ていないのですが、増額する方法は(当然とも言えますが)明確に記載されています。

考えられる条件と合わせてプロミスで増額を行う方法を見てみましょう。

増額の申し込みには新たに書類が必要

プロミスにて、利用限度額の変更(増額)を希望する場合、プロミスの会員サービスにログインする必要があります。

そこから「限度額変更申込」メニューを選択することで、増額の申し込みができるようになります。

増額を申し込む際には、増額後(希望)額の金額がいくらになるかにかかわらず、自分の収入(年収)を証明することができる書類が必要になります。

対象となる書類は

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

こちらです。全て必要というわけではなく、どれか1種類を提出すればOKです。

源泉徴収票と確定申告書については最新のものを、給与明細書については直近の2ヶ月分にプラスして(ボーナスがある場合)1年分の賞与明細書が必要になります。

ボーナスがない会社の場合は給与明細書のみで問題ありません。

プロミスで増額ができる条件とは?

そして重要な、プロミスで増額ができる条件です。

こちらはホームページなどに明確な記載がないため、どうしても想像といいますが、多くの会社で「このくらいが目安だろう」と言われる一般的な増額の話となってしまいます。

しかし特殊な条件はプロミスにはないと考えられますので、プロミスに限らずどの会社であっても増額をするならこのくらいの条件で考えておけばいいだろう、と考えることも出来ます。

増額において、重要なことは

  • 利用状況
  • 信用情報
  • 期間

です。

期間は利用状況の中に含まれるかと思いますが、敢えてわけました。

まずは利用状況ですね。

プロミスからお金を借りているか、借りているならきちんと返済が滞らず行われているかが重要になります。

「自分はプロミスからは申し込んだだけでお金を借りてないから大丈夫!」

そう思っている方はちょっと注意です。

プロミス側からすれば、

「なぜ利用していないのに増額しようと思うのか?」

と不思議に思うからです。

また、一度も借り入れをしていないので返済がきちんと出来るかどうかもわからない状況です。

そんな人に対して増額してくれるか?と考えてみると…なかなか難しいだろうな、ということがわかるのではないでしょうか。

プロミスからお金を借りつつ、きちんと毎月返済を行っている「利用実績がある」ことが大切です。

もちろん延滞は言語道断。

1日くらいならまだなんとか…という感じかもしれませんが、このあたりはわかりません。

1日ならセーフだけど1週間ならアウト、のような明確な線引はないと思っておいたほうがいいからです。

たとえ1日でも延滞は延滞。増額を考えているなら絶対に避けたいところです(一般的な利用の上でも避けるべき基本ですけどね)。

次に大切なのは「信用情報」です。

信用情報とはあまり耳慣れない単語だと思いますので簡単に説明しますと、お金を借りる・クレジットカードを使うなどといったお金にまつわる情報+個人情報をまとめたものになります。

お金にまつわる…といっても預金や現金をどのように使ったか、というようなことまでは把握していません。

  • クレジットカード(ショッピング枠・キャッシング枠)の利用履歴
  • カードローンや住宅ローンなどのローンの利用履歴(返済額や毎月の返済額なども)
  • 延滞・自己破産などの状況
  • カードローンの申込履歴

といったことがしっかりと記録されているものが信用情報です。

初めてプロミスを利用する際にも、審査の中で必ずチェックされるものなのですが、最初に一度チェックすればそれで終わりというわけではありません。

カードローンの多くは「利用(契約)期間」が定められており、自分から「もう契約は終了します」と言わない限り、基本は自動で更新されていきます。

契約の更新タイミング、あるいはプロミスの任意のタイミングで信用情報はチェックされています。

プロミスからお金を借りたあと別の消費者金融から借りていないか、何か金銭トラブルを起こしていないか…といったところから、住所や家族構成などが申込時と違っていないかを確認するためです。

この時に、新たに別の会社からお金を借りていたり、住所が変わっているのにプロミスに変更の届け出を出していない、といったいわゆる「情報の齟齬」があった場合、増額の審査に影響が出る可能性があります。

最後は「期間」です。

なんの期間かというと、プロミスを利用している期間ですね。

増額を行う際の重要なポイントといえるのがこの「期間」です。

もちろん他のポイントも重要であることは変わりありませんが、期間が短いと他2つの条件が問題なくても増額は受け付けない、ということがあるんです。

利用状況の説明に、一度もプロミスを利用していない人が増額をしようとしても難しい、と書きました。

それと同じようなニュアンスで、いくらお金を沢山借りていても利用期間自体が短ければきちんと返済してくれる人なのか、

それとも借りただけでなかなか返済してくれない人なのかプロミス側から判断がつけにくい状態ですよね。

なので、継続的に利用しながらもきちんと返済をしている期間が一定以上ないと増額を申し込んでも門前払い…なんてことになりかねないんです。

増額の申込を考えてもいいかな?と思える利用期間は最低でも半年くらいでしょうか。

中には利用3ヶ月後から増額の申込が可能です、と明記している会社もありますが、正直3ヶ月ではなかなか難しいのではないかと思います。

より確実に増額をしたいなら半年くらいは真面目に返済をし続ける期間を取ったほうがいいですね。

条件として考えられるものをまとめますと

  • 半年以上延滞ナシできちんと返済
  • 情報の変更などはすぐに届け出る
  • 他社からの借り入れを増やしていない

こんな感じですね。

一番最後は、他社から増やしていても増額できる可能性はありますが、より確実、という点から条件に入れました。

後でデメリットのところでも説明しますが、安易に他社から借り入れをすると増額がしづらくなる理由がありますので…。

この条件にちょっとプラスすると、余裕がある場合繰り上げ返済を行っていると増額できるチャンスが増える、という話もあります(返済能力が高いとみなされるため)。

利息の負担を減らすことにもなりますので、増額を狙うなら積極的に取り入れていきたいところです。

申し込みをする前に!増額する際のデメリット

増額の条件や申し込み方法はわかった!

よし申し込みをしてみよう…!と申し込む前に、増額を申し込むことによって発生するデメリットについても知っておきましょう。

デメリットなんてあるの!?と思うかもしれませんが、実はデメリットが隠されているんです。

利用できるまでの期間が長い

つい先ほど、増額の申し込み条件として「期間」を挙げました。

最低でも半年程度は利用を続けておいたほうがいい…としましたが、なんだかんだいって半年って結構長いですよね?

急いでお金が追加で欲しい!そんな時に半年間もゆったりと待っていることができるでしょうか。

メリットである金利や返済の負担を考えなければ正直言って同じ金額を借りるなら増額よりも他の会社から借りてしまうほうが早い!というケースの方が多いです。

「増額を目的とする」なら待てる期間ではありますが、「お金が早く追加で欲しい」場合は大きなデメリットとなるでしょう。

増額できるとは限らない

こちらは当たり前、ですね。

審査に可決しなければ増額することは出来ません。

ただし、プロミス側から増額の打診があった場合は信用情報や利用状況を見てプロミス側が「増額しても大丈夫」と審査に可決した状態ということなので

スムーズに増額をすることができるかと思います。

利用限度額が逆に下がる可能性がある

増額のデメリットとして一番考えておかなければならないのがこれです。

利用限度額の増額の申し込みをしたのに利用限度額が逆に下がるってどういうことだ!と思うでしょう。

先ほどから何度も出てきてもうしつこい!と思っている人もいるでしょうが(笑)、増額には「増額できるかどうかの審査」があります。

その審査はいうなれば既に利用している人が、改めて審査を受けて利用限度額を再設定するのと同じ…と思ってください。

増額という名前はついていても、実際は新規で借り入れ金額を設定しているようなものです。

そのため、最初にプロミスに申し込んだときは年収が500万円で勤続年数が5年だった人が、

1年後増額の審査を申し込んだ時に転職して年収は600万円になっても勤続年数が半年…という場合、前に比べて利用限度額が下がってしまうという場合もあります。

転職はなくとも、利用状況が悪い場合も利用限度額が逆に下がることもあります。

例えば延滞が何度か行われていたり、他社からの借り入れが増えてきている場合などです。

特に他社から追加で借り入れした場合、プロミスは消費者金融なので総量規制により年収の3分の1までしかお金を貸すことが出来ません。

他社との借り入れ金額の合計で計算しますから、増額後の金額が年収の3分の1を超える場合はもちろん増額はムリ、もしくは増額幅が狭くなります。

他社の借り入れ状況によっては現在の利用限度額よりも下がる可能性も十分に考えられます。

メリットが多い増額。その分リスクも十分に考慮して

プロミスに限らず、利用限度額の増額はメリットが多いので、出来るなら増額しておきたいところではあります。

増額ができる=その会社から信用を受けている、ということでもあるので悪い気分にはなりませんよね(笑)。

しかし安易に増額を考えていると逆に利用限度額が減ってしまうなどリスクも伴うことを知っておかなければなりません。

意外と増額はハードルが高く、複数の会社からお金を借りるほうが簡単、というのは多くの人が共通して言っていることです。

ただ真面目に返済をし、継続して利用をすることで増額は出来なくても金利が下がったり、というような自分にとってプロミスを使っていてプラスになることもあります。

特にプロミスは会員サービスがあるので継続的な利用はよりお得になるのもいいところですね。

特に利用状況などに問題がなければ増額はダメでも利用限度額は据え置きのままで、簡単に下げてくるなんてことはありません。

リスクは0ではありませんが、利用限度額が下がることをあまり怖がらずにチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
どうしてプロミスで増額できたの?

新着記事
TOPICS