> > プロミスは利用者の自宅や職場へいつ、どのように電話をかけるか

プロミスは利用者の自宅や職場へいつ、どのように電話をかけるか

プロミスからお金を借りたいが、利用するとプロミスから電話がかかってき周囲の者に知られるのではと心配されているのではないでしょうか。

プロミスに申し込んだ時や利用している時に自宅や職場に電話をかけられるとその利用がばれて問題になっては困りますよね。

確かにプロミスからの電話は何回かありケースによってはそうした問題が起こらないとは限りませんが、実際は回避できるほうが多いのです。

そこで今回はプロミスからの電話に不安がある方にその電話の内容や他者に知られないための方法などを紹介します。

プロミスからの電話の内容、電話がかかるタイミング、プライバシーの保護内容、周囲に知られないための方法、などを説明していきましょう。

申込時にプロミスから電話はある?その内容と他者にばれない方法

ここでは申込時のプロミスの電話について紹介します。

プロミスからの電話の目的や内容、プライバシーの保護のあり方、家族などに知られないための方法などを紹介しましょう。

申込時には本人確認のためにプロミスから電話がかけられる

プロミスでは申込者や利用者への電話を必要最少限に押さえるようにしていますが、それでも契約までに2回ほど電話があるかもしれません。

プロミスへの申込方法はパソコンやケータイなどを使ったネット経由、電話、郵送や自動契約機などあります。

どの申込方法を使っても最初の電話連絡として本人確認のための電話がかけられることが多いですね。

プロミスなどの消費者ローンでは、申し込みを受けるとその内容と本人自身を確かめるために電話連絡するのが通例になっているのです。

成りすまし詐欺の被害を受けないためにもローンとしては必要な電話確認といえるでしょう。

また、実際に申し込み内容を確認したり、追加で情報を聞いたりするケースもあるようですね。

担当者が申し込みに対するお礼を述べ、今後の手続内容をごく簡単かつ手短に説明して終わるので申込者の時間的な負担は少ないです。

プロミスからの電話は申込時に登録した自宅の固定電話か携帯電話のどちらかになりますが、後者があればそちらになるでしょう。

家族にはばれない?本人確認でのプロミスのプライバシー保護

プロミスでは申込時に本人確認をすることが多いとみられていますが、その際にはやはり電話による確認が一般的です。
(⇒プロミスからの在籍確認電話が怖い!

通常は申込時に記入された携帯電話に連絡することがありますが、申込者が電話に出られない時などでもかけ直すことは少ないようです。

その場合、プロミスは「ご連絡のお願い」という件名で、プロミスコールで電話をかけてほしいと申込者へメールすることが多いですね。

つまり、プロミスは申込者へ何度も電話をかけるようなことはせず相手からの電話を待つという方法を取っているわけです。

こちらのほうが申込者は周囲を気にすることなくプロミスと話ができるので安心ですよね。

プロミスから携帯電話へかけられる場合、まず申込者本人であることを確かめその上でプロミスであることを知らせるのが一般的なようです。

本人以外が申込者の携帯電話にでることもあるので、その場合でもプロミスとすぐにわからないように配慮もされているのでしょう。

また、自宅の固定電話にかけられる心配がある場合は、申し込む前にその点をプロミスコールで相談しておくとよいですね。

緊急や重大な確認事項などがなければ自宅への電話は回避できるのではないでしょうか。

もしどうしても不安がある場合は自宅の固定電話を記入しないという方法もありますね。

審査で若干評価が下がる可能性はありますが、現在では自宅に保有しない方が増えているのであまり気にする必要はないかもしれません。

収入、仕事や信用事故などの点で不安がなければ自宅の固定電話を記入しないことを考えてもよいでしょう。

  • プロミスでは本人確認のために主に携帯電話へかけられる
  • 本人確認の電話は担当者の個人名でかけられる
  • 電話が通じなかった場合、メールで「ご連絡のお願い」が送られる
  • 自宅への電話が心配な場合、固定電話を記入しないという手もある

プロミスの審査時に電話はある?その内容と周囲に知られない方法

プロミスに申し込むと審査が始まりますが、本人確認の後では在籍確認としてプロミスから職場へ電話をかけられることがあります。

ここでは在籍確認の電話の内容や職場の同僚にプロミスの存在を知られない方法などを説明していきましょう。

プロミスでは審査の一環で通常在籍確認のために電話がかけられる

プロミスだけでなく大多数の消費者ローンでは審査の一環で申込者の勤務先へ在籍確認のために電話連絡しています。

勤務先は申込者の返済能力の源である収入を稼ぐ場所であるため、消費者ローンとしては念のために確認しておく必要があるのでしょう。

プロミスの在籍確認の仕方としては、担当者が個人名で申込者の勤務先へ電話をかけることになっています。

会話も電話が繋がれば「これでお勤め先の在籍確認が取れました。審査結果は後ほどご連絡いたします」といった内容で終わるでしょう。

また、仮に申込者が外出や席を外していたとしても通常はかけ直しされることはないといわれています。

同僚の方などが電話にでて「Aはあいにく席を外しております・・」というような場合、それでA氏の存在は確認できたことになるわけです。

そのため申込者が知らないうちに在籍確認が終了しているケースも多いといわれているのです。

このようにプロミスの在籍確認は簡単に行われますが、この確認を終了させないと審査が完了できず契約が遅れることになりかねません。

また、最悪の場合は審査が打ち切られ申し込みが否決されることもあるので注意しておきましょう。

職場の同僚にばれる?在籍確認でプライバシーを守る方法とは

消費者ローンからの電話を気にする利用者が多いので、プロミスでは在籍確認の電話でも利用者のプライバシーの保護を重視しています。

プロミスから申込者の勤務先へ電話する場合、本人に電話が繋がり本人と確認できるまではプロミスの名前が出されることはないでしょう。

例えば、「○○と申しますが、Aさんはいらっしゃいますでしょうか」というような感じでプロミスの担当者は電話をかけるのです。

そして、本人に電話が繋がり、「A様でしょうか」と確認して間違いがなければ「プロミスです」と名乗り、要件を話し出すわけですね。

会話している時間も短くなるように配慮されており、職場の同僚は一体に何の電話であるかをまった理解できないのではないでしょうか。

以上のようにプロミスの在籍確認の電話は申込者のプライバシーにかなり配慮されているので周囲に気づかれる心配はほとんどないでしょう。

しかし、それでも職場が私的な電話が取りつがれない場合や極端に嫌がられるような場合、在籍確認がトラブルの元になりかねませんね。

そんな場合にはプロミスに相談して電話以外の在籍確認の方法が取れないか相談してみてはどうでしょうか。

ケースによっては直近の給料明細書や健康保険証の提示などで済ませてもらえるかもしれませんよ。

もちろんレアケースといえるかもしれませんが、ダメモトのことなのでプロミスコールで相談されることをオススメしますね。

失敗すれば審査に落ちる?在籍確認で知っておきたい注意点

プロミスの在籍確認は職場へ電話連絡がつけばそれで完了となる単純な確認作業ですが、確認が取れないということも時々あるようです。

申込者の職場が日中誰もおらず電話を受ける者がいないケースや、大企業の電話受付で申込者が特定できないケースなどがあります。

こうした電話環境の場合、在籍確認がなかなかとれず時間がかかることもあり結果的に確認できないこともあるようですね。

その結果、契約手続ができずに長引いたり完了できなかったりすることもあるので注意が必要です。

もし申込者の職場が上記のように繋がりにくい環境ならその点を予めプロミスに連絡しておくべきです。

いつなら電話が繋がりやすいのか、どの部署にかければ繋がるか、どの番号ならよいのか、といった点を伝えておくとよいでしょう。

在籍確認そのものは単純な確認で職場の同僚にも知られにくく早く終わるものなので、早目に連絡が取れるようにしておきたいですね。

  • プロミスでも通常在籍確認は行われる
  • 在籍確認は個人名でかけられ短時間で終わる
  • 在籍確認が終了しないと契約が完了できない
  • 在籍確認しにくい職場環境はプロミスに相談する

審査後にも電話はある?その内容と適切な対応の仕方とは

プロミスで審査を受けた後早ければ30分ほどで結果の連絡を受けることになるでしょう。

ここではその連絡がどのようなタイミングでどのように行われるのか、その連絡の際にどう対応すべきなのか、といった内容を説明しましょう。

審査結果の連絡と契約手続の説明のために電話がかけられる

プロミスへインターネット経由で申し込めば直ぐに自動審査が行われ合格の場合契約可能額が表示され本審査へと移っていくことになります。

本審査の結果は早ければ約30分で回答されることもあります。その連絡先を携帯電話にしておけばそちらに連絡がくることになるでしょう。

メールで審査結果の連絡を受けることもありますが、手続の内容の説明や本人確認を兼ねる場合などは電話になることも少なくありません。

申込者が携帯電話にでられなかった場合、前に説明した「ご連絡のお願い」のメールが送信され申込者から電話をかけることも多いようです。

審査結果を電話で伝える場合、その電話のかけかたは本人確認などの場合同様と考えてよいでしょう。

会話の内容は審査結果の通知、合格の場合は契約可能額と金利が伝えられ、その後契約手続の説明になります。

契約方法はWEB契約、来店契約と郵送契約の3つがあり、申込者が選択する方法について簡単な説明があるでしょう。

自動契約機で申し込む場合、審査が順調に進めば審査結果をその場所で受けられるので家族や職場のことを気にしなくてすみますね。

しかし、審査が長引く場合は後日に携帯電話やメールなどへの連絡になることもあるので、注意しておきましょう。

審査結果の電話は不安?周囲にばれないための取るべき対応とは

プロミスからの審査結果は申込者が指定した連絡先へくることになっているのであまり心配する必要はないでしょう。

連絡先を携帯電話にしておけば、プロミスから電話があっても不安に思うことも少ないでしょう。

プロミスからは通常非通知で電話がかけられ、本人がでるまではプロミスの名前をだすことはないといわれています。

そのため仮に家族の者が自分の携帯電話にでたとしてもプロミスからの電話であることはわからないでしょう。

ただし、自宅や職場にいる時に携帯電話に連絡が入り応答するとローンの利用が怪しまれることはあるかもしれませんね。

そんな時は携帯電話には出ないほうが賢明で、マナーモードにしておくほうがよいでしょう。

申込者が電話にでられない時はメールで結果が送信されるか、説明が必要な場合は「ご連絡のお願い」の通知が送られることになります。

やはり電話をプロミスからかけられるよりも申込者がプロミスへかけるほうが周囲に知られるリスクはかなり低くなるでしょう。

もしプロミスから電話があった時に電話にでにくい場合や、長く話しづらい場合には折り返しかけ直すようにするほうが安全ではないでしょうか。

審査結果の連絡で試してみたい交渉と注意点とは何か

プロミスからの審査結果の連絡では合否の伝達と契約手続についての説明が簡単に行われることになるでしょう。

電話で連絡を直接受けた時に周囲を気にする必要がない場合は、疑問点を確認したり、要望を伝えたりするとよいですね。

例えば、契約可能額や金利を伝えられた時に自分が希望する内容と異なる場合は交渉してみるのもよいでしょう。

例えば、「利用限度額をあと10万円アップできないでしょうか」、「融資金利を16%にできないでしょうか」といった要望を出してみるのです。

もちろん断られる可能性は高いですが、「他のローンではこの条件で提示してくれている」などの根拠を示せば可能性はでてくるでしょう。

成功させるためには事前の準備や情報を収集しておく必要がありますが、何か相談したいことがあればその機会に伝えておきたいですね。

また、契約手続で必要となる書類などの説明を受けることがありますが、要求されたものは早めに提出できるようにしましょう。

例えば、運転免許証や健康保険証の提出だけでなく収入証明書が求められる場合もあるので事前に準備しておきたいですね。

源泉徴収票などはあまり保管されていないことも多いので、探すのに苦労して時間がかかる方は少なくないようですよ。

提出が遅れると契約が遅れキャッシングも遅れることになるので連絡が来る前からできるだけ用意しておきましょう。

  • 審査結果の連絡は電話かメールで行われる
  • 審査結果の電話連絡の仕方は本人確認などの方法と同様
  • プロミスからの電話にでにくい時はマナーモードにしておく
  • 審査結果の連絡で要望や相談を行うのも悪くない

利用中も電話はある!その目的、内容と取るべき対処の仕方とは

プロミスと契約しローンを利用し始めるとプロミスからの電話連絡はかなり少なくなりますが、必要に応じてかけられることもあります。

ここでは利用中の電話がどのようなケースでかかるのか、その内容や時期、他者に知られないための方法などを紹介していきましょう。

利用限度額の増額案内で電話連絡が来ることもある

プロミスと契約する際に申込者ごとに利用限度額が決められますが、利用者の多くは限度額の増額を望んでいるようですね。

利用者自身が限度額の増額申請を行うこともできますが、プロミスではそうした要望に応えるため増額案内を出すことがあります。

それは利用者のすべてに対してではなく、プロミスでの事前審査に合格した者を対象として電話、会員ページやメールで案内されるのです。

その際、電話のケースも少なくないようですね。それは単に案内するというよりはキャンペーンのようなセール活動に近いかもしれません。

例えば、「ご利用いつもありがとうございます。今回は限度額の増額を提案させていただきたくお電話しました」というような電話があるのです。

具体的な増加額を提案されることもあるようですが、収入証明書を提出した後に具体的な金額が提示されるケースもあるようですね。

このように限度額の増額についての説明のため電話では一定の時間が必要となるので周囲の目を気にする必要はあるといえるでしょう。

とはいえ、プロミスからの増額案内による増額申請は成功の可能性が高いので前向きに検討する価値はあるのではないでしょうか。

返済遅延や滞納した場合は電話がかかってくることもある

利用中に最も起こりやすいプロミスからの電話連絡として返済遅延や滞納が挙げられるかもしれません。

プロミスなどの大手消費者金融は乱暴な督促や取り立ては行われていないようですが、その反面顧客管理はしっかり行われています。

つまり、返済期日に連絡もなく入金されない場合、かなり早めに確認の電話が消費者ローンからかけられることもあるようです。

プロミスでも同様に携帯電話にかけたりメールを送ったりして確認を取っていますね。

しかし、利用者の携帯電話では連絡が取れない場合は自宅や職場へ電話をかけることもあるでしょう。

もちろんその場合でもプロミスの名前は出さず、担当者が個人名で電話を非通知でかけるので、プロミスと気づかれる心配はありません。

ただし、何度かそのような電話が続くと周囲の者に不審に思われる可能性はあるので注意したいですね。

また、返済の件で電話がかかってくるので支払いについては具体的な話になるため感づかれる危険性は決して低くないでしょう。

周囲に知られるのを防ぐことも含めて早めに自らプロミスへ連絡するほうが、解決の糸口を見つけやすくなるのではないでしょうか。

利用中のプロミスからの電話は限度額の増額案内と返済遅延関連

利用中のプロミスからの電話は主に限度額の増額案内と返済遅延関連の件になるでしょう。

両方とも電話にでると具体的な話をすることになり、時間もそれなりにかかるので、何の話をしているか周囲の者に感づかれやすくなります。

そのため場所をかえて自らプロミスにするほうがよいですね。特に限度額の増額は急ぐことでもないので問題ないでしょう。

しかし、返済遅延などでの電話の場合はいつ返事する、いつ支払う、いくら払うなど、具体的な回答が必要なことも多いかもしれませんね。

そのようなことを電話で話せば家族や職場の同僚にプロミスの利用が疑われるリスクが高まるでしょう。

それを回避したいなら電話がかかる前にとにかく自分からプロミスに連絡を入れるべきです。

少しでも払う意志があるならとにかくはやめに相談して解決方法をプロミスとともに見出すようにしたいですね。

相談や連絡せず支払いを滞らせ続けてしまうと最悪法的な手続で処理することをプロミスも検討せざるを得なくなるでしょう。

そのような事態になれば周囲に知られるだけでなく、さまざまな制限を受ける生活に陥ることになるかもしれません。

そうならないためにもプロミスからの返済遅延の確認の電話やメールがあった時から早めに連絡して相談するようにしたいですね。

  • 限度額の増額案内の電話もある
  • 限度額の増額案内の連絡はかけ直すほうがよい
  • 返済遅延や滞納での電話もある
  • 返済遅延や滞納での電話では具体的な話になる
  • 返済遅延や滞納での電話は無視せず早めに連絡して相談するべき

【参考ページはこちら】
プロミスのおすすめQ&A

新着記事
TOPICS