> > プロミスで増額したい人に知って欲しい3つのコツとは?

プロミスで増額したい人に知って欲しい3つのコツとは?

あなたのカードローンの限度額は、本当はもっと高くできるということをご存知ですか?

初めての契約では、限度額は低くて当たり前。これを増額で増やして行くのが、カードローンの上手な活用方法です。

でも増額って何となく手間がかかりそうですよね。「他で借りた方が早いんじゃないの?」そんな声も聞こえます。

でもそれは大間違いです!プロミスで増額する方が、絶対にお得ですよ。3つのコツを参考に、あなたもぜひ増額を実現してください。

1つ目のコツ*増額は6ヶ月後を目安に!

増額はどなたにでもチャレンジできるのですが、それには申込みのタイミングがとても重要になります。

せっかくのチャンスを無駄にしないよう、このタイミングを間違えないようにしなくてはなりません。

希望額まで借りれなかった場合にはすぐに申込みをしたくなりますが、早すぎる増額申請はNGなのです。

では何時から増額申請できるようになるのでしょうか?

増額ってどういうこと?

でもその前に、「追加借入」と「増額」がごっちゃになっていることがあるので、両者の違いをここではっきりさせておきましょう。

カードローンの追加借入とは「限度額以内で借入を追加すること」で、カードローンの増額は「限度額を増やすこと」です。

プロミスなどのカードローンでは、限度額までの借入は自由なのです。毎回表示される利用可能額までなら、手続き不要で借りれます。
(⇒プロミスで借入をしたい方におすすめ

そして利用可能額よりも多く借りたくなったとき、そこで初めて増額の必要性が出てくるのです。

また増額はただ借りれる額が増えるというだけではなく、同時に金利が下がるという大きなメリットがあります。

もっと借りたいという時だけでなく、より低金利で借りたい方にも増額は必要なのです。

どうして半年間待たなくてはならないの?

さてこの増額のタイミングですが、どこでも利用後半年経ってからというのが目安になっています。

それにしても、どうして半年間も待たなくてはならないのでしょうか?実はこれは、きちんと返済できるかどうかの確認期間なのです。

カードローンは「信用貸し」とも言われていますが、これは担保や保証人なしに、個人の信用だけに基づいてお金を貸しているからですね。

でもこの信用、目に見えないものだけにその判定は容易ではありません。申込書を元に審査しても、それではまだ不十分なのです。

最初の申込み時には、この信用の判定が不十分なまま限度額が決まります。だからリスクを見込んで、限度額は低い目に設定されるんですね。

でも今回の増額時には、返済実績が伴っているというのが大きな違いです。

【増額審査には返済実績が加算される!】
申込書のスコア + 半年分の返済実績 = 増額審査結果

その人が実際に返済してきた記録なのですから、信用としてこれほど確実なものはありませんよね。

そして増額に繋がる評価を得るには、およそ半年間、つまり6回分の返済実績が必要なのです。

延滞をしてしまったらどうすればいいの?

この信用を得る貴重な半年間に、例え短期間でも返済遅れがあれば、今回の増額審査には通らない可能性もあります。

カードローンの返済遅れは「つい」や「うっかり」では決して済まされない重大事。増額を希望するなら絶対にやってはいけません。

しかし同じ遅れるにしても、事前に連絡を入れて対処してもらえば、信頼を損ねる度合いは少なくて済むんですよ。

プロミスも加盟しているCICでは、以下のように毎月の入金状況が記号で記録されていきます。

「$ 請求通り」以外にも、これだけのバリエーションがあるんですね。

  • $ 請求通り(もしくはそれ以上)の入金
  • P 請求の一部を入金
  • R 本人以外からの入金
  • A 本人の事情で入金なし
  • B 本人とは無関係の事情で入金なし
  • C 入金なしで原因も不明

この中でサイアクなのは、ラストの「C 入金なしで原因も不明」でしょう。

返済もせず連絡もとらず電話にも出ない状態です。これでは増額どころの騒ぎではありませんね。

どの形であれ延滞をしてしまったら、まずはその解決が先です。そしてそこからまた半年後の増額のチャンスを狙うしかありません。

しかしその後も何度か期日遅れを繰り返すようでは、増額の実現は難しいでしょう。期日遅れに対する措置は、そのくらい厳しいのです。

もっと早く増額申請してはいけないの?

でも絶対に延滞しないという自信のある方の中には、半年間なんて待てないという方もいるかもしれません。

プロミスの限度額変更申込は、インターネットから簡単に出来るようになっていますから、申込みだけなら何度でもできます。

しかしまだ十分に審査ができる状況ではないのに増額申請ばかり繰り返せば、与信に悪い影響が出るかもしれませんよ。

無駄な申込みをするよりは、やはり確実に一発で増額を決める方がいいですよね。そのためにも、毎月の返済には十分気を使うようにしてください。

プロミスからお誘いがある場合も!

しかし特に増額に興味のないという方にでも、プロミスの方から増額のお誘いが来ることもあります。

きちんと返済してくれる人にはどんどん利用してほしいというのは、企業としては当然のことでしょう。

ただしお誘いがあったからといって自動的に増額される訳ではありません。

またこれは強要ではありませんから、実際に増額するかどうかを決めるのはあなたの自由です。

いずれにしても自分で限度額変更申込をした上で審査を受けて、その結果次第で増額という運びになります。

2つ目のコツ*収入証明書類は事前に送信しよう!

ではプロミスの限度額変更申込は、どのような手順で行われるのでしょうか。

申込みは何時でもインターネットから簡単にできますし、その後の手続きも自宅から可能です。

基本的には新規申込みの時と変わりないのですが、幾つか異なる点もあります。先ずは申込み手順からご説明したいと思います。

プロミス会員サービスから申込みができる!

何と言っても申込み時とは違って今はプロミスの会員ですから、便利な会員サービスが利用できるようになっています。

カード番号と暗証番号でログイン、「限度額変更申込」を選択、希望限度額と連絡先などを入力します。 これで完了!実にカンタンですよね。

審査受付時間は平日の9時から18時ですので、これより遅い時間帯に申込むと、審査回答は翌営業日以降になります。

収入証明書類の提出は先に済ませておくのがコツ!

このように申込みがカンタン過ぎると、これだけで安心してしてしまいますが、実はここからが本番なのです。

審査には書類が必要になります。今回必要となるのは年収証明書類で、以下から1点を提出します。

  • 源泉徴収票(最新)
  • 確定申告書(最新)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分と、あれば1年分の賞与明細書)

プロミスでは、この年収証明書類を事前に提出すれば、より審査がスムーズになります。申込みと同時に提出も済ませておきましょう。

提出は、プロミス会員サービスからも可能ですが、スマートフォンアプリを使っても手軽にできます。

年収証明書類は希望額に関わらず準備しておこう!

年収証明書類の提出は、今回プロミスで50万円以上を希望の場合と、他社の利用額との合計が100万円を超える場合に必要です。

【例1】利用はプロミスだけ・今回50万円に増額希望《年収証明書類:必要》
【例2】他でも30万円借入・今回30万円に増額希望《年収証明書類:不要》

例えば【例2】のケースでは、書類の提示は不要ということになりますよね。でもこの場合も、なるだけ提出した方がいいんですよ。

提出すれば審査の精度は高くなりますし、嘘をついていないという証明にもなるからです。

また希望額がこれ以下でも、プロミスの方から書類の提出を求められるケースも考えられます。これは審査次第なので事前に予測はつきません。

ところが言われてから書類を準備するのでは、その間増額審査は前へ進まず、借入が先送りになってしまいます。

またなかなか書類が揃わず提出できないでいると、場合によっては審査落ちということだってあるかもしれません。

このような意味合いもあって、年収証明書類は申込みに際してなるだけ早く提出しておくのが、審査をスムーズにするコツなんですね。

申込み時からの変更があれば必ず届け出を!

またプロミスでの増額前に必ず気をつけておいてほしいのが、当初の申込内容から変更がないかということです。

住所や電話番号などに変更があれば、必ず事前に届出を済ませておきたいもの。これも増額審査をスムーズにするコツです。

何ヶ月も前の引越を今回の増額で初めて届け出るというのでは、イメージが悪いだけでなく、実はプロミスカードの規約違反でもあるんですよ。

プロミスカード会員規約第24条には、変更があった日から14日以内の届出が義務づけられているのです。

【こんな変更がありませんか?届出を忘れずに!】
住所、電話番号、姓名(結婚した場合)、勤務先、派遣先、年収額

勤務先の変更や、年収が変わった場合も同様です。しかし年収が増える分にはいいのですが、減ってしまっても増額できるのかどうか心配ですよね。

でもこれまで真面目に返済してきたのであれば、多少年収は減っても信用でカバーできる可能性があります。諦めずにチャレンジしてみてください。

3つ目のコツ*他社で申込みをしないように!

増額審査でやはり最も問題になるのは、他社からの借入です。

消費者金融には総量規制というルールが課せられているため、借入額のチェックは予想以上に厳しくなっています。

増額まで待てずに他で借りてしまう方も多いのですが、これでは増額は困難になるばかり。実はこの半年間が踏ん張りどころなのです。

というのも、他で借りずに増額のチャンスを待てば、結果的にはよりお得な借入に繋がるからなのです。

他で借りると利息が勿体ないってホント?

他で申込む方が早いじゃないかと言う方も多いのですが、これは利息のことを考えるとホントに勿体ない話なんですよ。

それは同じ100万円の借り方でも、一カ所で借りるのとあちこちで借りるのとでは、その利息額がかなり違ってくるからです。

下はプロミスで100万円借入・年利15%・30日間借りた時の利息額を計算したものです。利息額は12,328円になります。

○プロミスで100万円    年利15%(※注) 12,328円

(※注)実際にはプロミスではこれより低い金利が適用される可能性もあります。

ところがこれと同じ額を、複数の業者で借りるとどうなるでしょうか?

○プロミスで50万円     年利18% 7,397円
○アコムで30万円      年利18% 4,438円
○クレジットA社で20万円  年利18% 2,958円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                  合計14,793円

結果的にはプロミスでまとめて借りるよりも、30日後には2,465円も多く支払わなくてはならないということが分かります。

これは1ヶ月分だけの計算ですが、毎月この調子で差が生じるため、長い間には大きな違いとして積み重なっていきます。

これに加えて毎回提携ATMで返済するとしたら、ATM利用手数料も3倍になります。これだって馬鹿になりませんよね。

これではそのうち「なんだか返済が苦しくなってきた」なんてことにもなりかねません。やっぱりじっくり増額する方が、絶対にお得なのです。

他で借り過ぎると減額の危険性も!?

このように複数からの借入は利用者にとっても負担になるのですが、同様にプロミスから見ても評価ダウンに繋がります。

すぐ他でも借りてしまうような人には、多重債務の危険性が見え隠れするからです。これでは安心してお金を貸せませんよね。

それに他からの借入額は、増額審査にストレートに影響します。他からの借入額と今回の希望額の合計が年収の三分の一に近くなると、絶対審査には通りません。

それどころか、残高次第では今よりも減額される可能性すらあるのです。

他で申込むだけでも増額審査は通りにくくなる?

また実際には借りていなくても、申込みだけでも問題になる場合があります。

消費者金融が加盟するJICCとCICはお互いに情報のやり取りをしていますが、この共有情報のなかに「申込情報」が含まれているのをご存知でしょうか?

クレジットカードや消費者金融で申込みをすると、必ず企業は信用情報にデータ照会をします。これが「申込情報」として記録されます。

プロミスで増額審査を受ければ、この申込情報は必ずチェックされます。もしも何度も申込をした形跡があれば、これも審査上のデメリットになります。

今後もあちこちで借りそうな人に更なる融資をするのは、リスクが大き過ぎると判断されてしまうのです。

申込みだけなら半年経てば記録は消える!

でも過去に申込みはしたものの審査に落ちていれば、この記録は半年を経過すると消えてしまいます。その後の利用がなければ、後は何も残りません。

この場合は、そこから半年を過ぎてからプロミスで増額申込みをすれば、今回の審査への影響はないと考えられます。

プロミスで増額してもっとお得な借入を目指そう!

プロミスの増額は、手続きそのものはとっても簡単です。でもその審査を受けるためには、このように準備が必要なんですね。

半年間は遅れることなく返済をこなし、他で借りたり申込んだりしないようにしていれば、増額は基本的にどなたにでも可能です。

増額さえ出来れば、他の業者で借りるよりもずっとお得ですし、返済の負担も軽くて済みます。

順調に増額ができるどうかは、プロミスを上手に使いこなせるかどうかの分かれ道です!半年間は他で借りずに頑張って下さいね。

【参考ページはこちら】
プロミスで急ぎの増額は難しい?

新着記事
TOPICS