> > プロミスで借りるのに年齢上限はある?借りたい人へのアドバイス

プロミスで借りるのに年齢上限はある?借りたい人へのアドバイス

お金がピンチになって、どうしても金融会社でお金を借りたい!そう思って日々生活している人って結構いるんですよね。なかなか家族などにも相談出来ませんし、自分でなんとかしたいと思っている人も多いでしょう。

その時に重要になってくるのが金融会社の年齢制限です。プロミスは年齢制限の上限下限に厳しい会社なのでしょうか。そのあたりを検証してみたいと思います。

金融会社でお金を借りたい!でも年齢制限があるって本当?

さて、金融会社でお金を借りたいのに年齢制限が気になってなかなか申し込みにくいという人もたくさんいると思います。

それでは金融会社における年齢制限とは一体どのようなものなのでしょうか。金融会社でお金を借りるには、借り初めの年齢と借り終わりの年齢があります。例えば、20歳から65才までなどという縛りがあるのです。

基本的にあまり年齢が若いと借りられないのが一般的です。まだ精神的にそんなに成熟していない人に対して金融会社はお金を貸し出すことは出来ないのです。

精神的に若いということはまだまだ未熟であり、お金を借りるということがどういうことであるのか、働いて返済していくということはどのような意味を成すのか、そのあたりをある程度理解できるような年齢にならないとお金を貸しても、返済が滞ったり、あるいはそのままに逃げてしまったりする可能性が高くなるんです。

お金を借りたら必ず金利を付けて済をしなくてはなりません。お金を借りるということは返済に対して責任があるのです。

あまりに年齢が若い人たちに融資をするとその辺りを理解しないまま返済しなかったりする場合がありますので、ある程度お金を儲けるということはどういうことなのかをしっかりと理解した成人の男女に貸し付けるのが基本となっています。

反対にあまりにも年齢が高くなってしまうと今度返済するのが厳しくなる場合が出てきます。悲しいかな人間には寿命というものがありまして、ある程度の平均寿命というのも割り出されています。

平均寿命までにあと数年で差し掛かるという人に対してお金を貸すとしたら万が一返済できないまま他界してしまう可能性が高くなってしまいます。また年金生活のみになってしまうとさほど裕福な暮らしができるわけではありません。

そんな年金生活者の方々に対してお金を融資すると結局は返済に困ってしまい、最終的にはお金を返すことがままならなくなってしまう場合も多々ありますので、やはり高齢になると、融資が難しくなります。つまり年齢制限有りというのはしっかりと働けて、きちんと返済する能力のある間のみ借り入れが可能であるという事になります。

プロミスも年齢制限は設けられいるの?

プロミスといえばとても有名な金融会社ですよね。信頼度も高く、お金を借りるならばプロミスで契約したいと思っている人も少なくないはずです。しかしプロミスには年齢制限が設けられているのでしょうか。

残念ながらプロミスにも当然年齢制限があり、誰でも彼でも申し込めるわけではありません。基本的にプロミスの場合は年齢下限制限は20才からそして年齢上限制限は69才までの男女が申し込み可能となっております。

これは公式発表にもなっておりますので、この年齢に該当しない人たちは残念ながら申し込んでも審査の段階で跳ねられてしまう可能性が高くなります。

しかしながらもう少しで20才になる、または後少しで69才になってしまうが今現在では68歳であるというような場合もあると思います。そのような時はとりあえずプロミスに相談してみるようオススメしたいと思います。
(⇒未成年でも親の同意があればプロミスで借りられる?

どのような返事が返ってくるかはわかりませんが、一応公式発表では20歳から69才となっていますのであと数ヶ月で年齢制限を超えてしまう場合でも現段階で68歳ならば、審査に通る可能性もあります。

いずれにしてもあと数ヶ月で年齢制限にひっかかるということになればちょっと微妙になりますので、どうしてもお金を借りたい場合はとりあえずプロミスに電話相談することをお勧めしたいと思います。力になってくれる可能性も否めませんよ。

働いて収入があるのに年齢制限で借りられないの?

さて、プロミスをはじめ、金融会社でお金を借りるということは必ず返済をしなければならないということになります。返済をするには働いている方が絶対の最低条件であり、働いていない人は収入がありませんのでお金を借りることはまず不可能です。

しかしながらこの世の中には高校を出てすぐに就職する人もたくさんいるのです。つまりはしっかりと収入がある未成年もたくさんいる訳です。収入があることが絶対条件なのに、20歳未満であるということだけで収入がある高校卒業で働いている人たちも借りることは不可能なのでしょうか。

実のところ、これに関しては金融会社で若干条件が分かれているようです。プロミスに関しては、20歳以上という記載がありますので、高校を卒業してすぐに働いている人でも借りることは不可能でしょう。

ただ、プロミス以外の他の有名な金融会社でも18歳以上から借りることが可能という会社も結構目立ちます。20歳から借り入れが可能なところと、18歳から借り入れ可能なところ、二分していますのでこの点においてはプロミス以外での金融会社の方が融通性が高いかもしれませんね。

ただ、プロミスはとても信頼度は高い会社になります。お金が必要であってももう数年借り入れするのを我慢できるような状態であるのならば20歳になるのを待って、プロミスに申し込んでみることをお勧めしたいと思います。
(⇒プロミスでお金を借りたい方におすすめ

間違っても16歳ぐらいでも借り入れ出来ます!などとい謳い文句を前面に出している金融会社などに引っかからないようにすることが大切です。やたら美味しい条件を全面に出している金融会社は闇金融の可能性もとても高いですので、年齢制限に目がくらみ、人生を棒に振るようなことがないように絶対に注意が必要です。

お金が無い時は甘い謳い文句に心を揺さぶられがちになります。一度闇金融などに引っかかってしまったら、返済に追われ大変な目にあうことは間違いありません。そんな事がないようにインターネットなどで借りようとしている金融会社の評判をしっかりと読んで、決して後悔するようなことだけはしないようにしましょう。

電話での申し込みなら年齢はバレないんじゃないの?

たまにインターネットなどで見かけるのですが、どうしてもお金が必要な若い人たちが年齢を詐称して電話で申しこんでもわからないんじゃないかという質問をしていたりします。

プロミスはじめ金融会社に申し込む時は下記のような書類が必要となりますので、年齢を詐称しても絶対にバレてしまうということを覚えておきましょう。

  • 1、本人確認書類(免許証や保険証など)
  • 2、収入証明書(50万円以上借り入れ希望の場合、他社を含めて借り入れが百万円を越す場合、その他プロミスが収入証明書が必要だと判断した場合)

…特に一番の本人確認書類に関してはどんな金融会社でも絶対に必要となります電話での申し込みだからといって本人確認書類を出さなくても良いなんてことは絶対にありませんので、どんなにうまく虚偽申告をしたとしても必ずバレてしまいます。

そんなことをしたら申し込んだその人自身の信用状態はガタ落ちとなってしまい、お金をだまし取ろうとした罪に問われてしまう可能性だって高くなります。自分の信用情報を守るためにも絶対に虚偽申告はしてはいけません。そんなことをしても良いことは一つもありません。

やはり金融会社からしてみれば年齢制限を設けているのにはちゃんと理由もありますし、その年齢に応じた人たちが借り入れするのが一番なんですよね。

借りられる年齢になって正々堂々と借りよう!

プロミスの場合は20歳以上という年齢設定がありますので、どうしてもお金を借りたいなと思うときはやはり20歳を過ぎてから正々堂々と借り入れをすることをお勧めしたいと思います。

どうしてもその年齢まで待つことができない場合は、18歳以上で借り入れ可能な金融会社を探し、申し込んでみることをお勧めしたいと思います。ただしできるだけ有名どころの金融会社に申し込むように心がけるようにしましょう。

今ではインターネットで検索することが当たり前の世の中になっていますので、18歳以上で借入可能でなおかつ、金融会社の口コミ評判などを参照の上、評判の良い会社に申し込むようにしてくださいね。

【参考ページはこちら】
知人に知られないプロミスの借入方法

新着記事
TOPICS