> > 専業主婦はプロミスなら審査対象?必見!専業主婦の借入れ先

専業主婦はプロミスなら審査対象?必見!専業主婦の借入れ先

貸金業法が改正されてから専業主婦の借入れは条件が厳しくなってきています。そこで大手消費者金融でお馴染みのプロミスでは借りれるのか気になりますよね。

プロミスの申込み条件

プロミスの申込み条件を見ると以下のようになっています。

  • 年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方
  • 主婦や学生でもパート、アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用可能

そこで、専業主婦はどう判断したら良いのでしょうか。

年齢20~69歳の本人に安定した収入のある方とは

年齢20~69歳というところを見ると、専業主婦であっても年齢さえクリアしていれば借りれそうですね。しかし、問題はその後の文章です。

「本人に安定した収入のある方」とあります。専業主婦といえば、旦那さんの収入でやりくりをしているパターンになるので専業主婦本人が稼いで安定した収入があるわけではないですよね。

つまり、この条件を見るだけでも専業主婦は申し込みができないとなりますね。

主婦や学生でもパート、アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用可能とは

主婦や学生でもパート、アルバイトなどで安定した収入がある方と言えば、パート主婦と言われますね。パート主婦は本人が働いてパート先から収入を得ているので本人に安定した収入のある方となりますね。

つまり、パート主婦なら申し込みができるということになりますね。専業主婦では残念ながら審査対象にはなりません。

専業主婦が消費者金融で借りにくいのはなぜ?

最初に貸金業法が改正されてから専業主婦の借入れは厳しくなってきたと言いましたが、一体なぜでしょう?

それは貸金業法の改正で総量規制が出来たからです。総量規制と言うのは申し込む人の年収の1/3を超える借入れはできないという決まりになります。 つまり働いていない専業主婦では「借入金額が申し込む人の年収の1/3を超えない金額」となると0円になってしまうのです。

「働いていない=収入が無い」となるので仕方ないですね。そのため、消費者金融では専業主婦の借り入れ可能額は0円となり、専業主婦は消費者金融では借りれないというコトになるのです。

専業主婦の借り入れ先はどこ?

大手消費者金融のプロミスでも申し込みができないとなると、専業主婦は一体どこで借入れをしたら良いのでしょうか?

繰り返しますが専業主婦の借入れ条件が厳しくなったのは貸金業法が改正されたからですよね。そうなると貸金業法が関係のない金融機関で借入れをすると専業主婦でも借りれる可能性があるというコトです。貸金業法ではない金融機関といえば銀行がありますね。

銀行は銀行法が適用されるので貸金業法は関係ありません。専業主婦でも問題なく借入れができます。(こちらもご参考に→プロミスを利用できる職業とは?

それから、実は消費者金融でも借りれる所があるのです。先ほどから「貸金業法が適用の金融機関では専業主婦は借りれない」と言っているので、違法?と思う人もいるかもしれませんが、違法ではなくキチンと登録している所で借りることができるのです。

実は消費者金融で専業主婦が借入れしようと思ったら配偶者貸付を行っている所を利用すると良いのです。配偶者貸付とは専業主婦が消費者金融からお金を借りるための方法となっています。詳しく言うと総量規制のある貸金業法では例外があり専業主婦の場合は配偶者と合算して二人分の借入れが二人分の年収の1/3まで借入れを行うことができます。

専業主婦の借り入れ先

  • 銀行法の銀行
  • 配偶者貸付のある消費者金融

専業主婦が銀行で借りるには?

銀行では専業主婦が借りれる所と借りれない所があります。しかし、借りれる所もあるのでしっかり申込み条件を確認しましょう。

金融機関 利用できる方 利用限度額
バンクイック ご本人に収入が無く配偶者に収入のある方もお申込みいただけます 30万円以内
みずほ銀行 ご本人様に収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方 30万円以内

以上のようにバンクイックやみずほ銀行では配偶者に安定した収入があれば本人に収入が無い専業主婦でも申し込みが可能になっています。

専業主婦が配偶者貸付で借りるには?

配偶者貸付とは専業主婦が消費者金融からお金を借りるための方法と言いましたが、ここでも注意が必要で配偶者貸付を取り扱っている所と取り扱っていない所があります。

残念なことにプロミスやアコムなどの大手消費者金融では配偶者貸付を行っていません。そのためプロミスで配偶者貸付を利用しようと思っても取り扱っていないので申込みができません。

金融機関名 配偶者貸付の有無
プロミス
アコム
アイフル
モビット
プロミス

配偶者貸付を利用しようと思ったら、配偶者の同意書が必要だったり、婚姻関係を証明する書類なども必要になるので書類が増えてしまい、手間も増えてしまいます。そのため大手消費者金融では導入していない所が多いですね。

しかし、大手消費者金融では取り扱っていないとなると中堅や小規模の消費者金融では新規顧客を獲得するチャンスともなります。そこで中堅消費者金融で探してみると配偶者貸付を行っているところもありますよ。

ちなみに配偶者貸付では配偶者の同意は絶対に必要になります。同意書の提出も必要なので、配偶者に内緒で借りることはできません。

もし、配偶者には言えない借入れで絶対に内緒で借りたい!となると、専業主婦の借り入れ先は銀行となります。

  • 配偶者貸付では配偶者の同意が必要
  • 旦那さんに内緒で借りるには銀行!
*銀行の場合では借入れ金額は30万円までのところが多いので、それ以上の金額を借り入れしたい場合には配偶者の年収にもよりますが配偶者貸付の消費者金融となりますね。

しかし、旦那さんに内緒で借入れするとなると30万円といえば十分な金額ですね。内緒で借入れするポイントは返済計画にありますね。何故?って思ったあなたは要注意!

例えば、お金を借りていて返済に遅れてしまうと、まずは電話連絡があります。この電話の連絡先を自分の携帯電話にしていて外出先でもすぐ出ることができれば良いのですが万一電話に出られなかったら、自宅の電話へかかってしまいます。
(⇒家族にばれたくない!プロミスのキャッシング

自宅の電話はあなたが出るとは限りません。旦那さんが出る可能性も十分あります。ここでも、自宅には電話を置いてないから大丈夫!と思ったあなたは危険ですよ。

もし、電話で連絡がつかなければ次は郵送でのお知らせとなりますね。そのため、郵便物が自宅に届くことになります。郵便物となると誰が受け取るかは分かりませんよね。

無事にあなたが受け取ることができたとしても、郵便物が自宅に届くと保管方法に困りますよね。万一、旦那さんの目につくところに置いておくと一大事になりますね。

つまり、返済を怠らないことが重要なのです。返済日を忘れないように返済日が近づくとお知らせしてくれるところもあるので、こういたサービスを積極的に利用しましょうね。

専業主婦がプロミスからお金を借りようと思ったら審査の対象にはならず申し込みができませんが、専業主婦でも借りれる所はもちろんあります! どこで借りることにしても計画的な利用が重要ですね。

【参考ページはこちら】
プロミスから自宅に郵送はある?

新着記事
TOPICS