> > 他社の審査に落ちた派遣社員がプロミスに通るために何をすべきか

他社の審査に落ちた派遣社員がプロミスに通るために何をすべきか

派遣社員の方の中にもカードローンを多く利用している人は多くおられますね。しかし、派遣社員は正規社員よりもローン審査で不利になりやすく通過できないことも少なくないとみられています。

ではそのように他のローン会社の審査に落ちた派遣社員の方はプロミスの審査でも同じように落ちるのでしょうか。(こちらもご参考に→派遣会社にプロミスから在籍確認の連絡ある?

今回は審査に落ちたことのある派遣社員がプロミスに通るための方法を紹介します。他のローンで審査に落ちた原因は何か、派遣社員だから落ちたのか、それ以外の問題はないのか、何を改善すべきなのか、などプロミスで合格するための方法を解説しましょう。

派遣社員として審査に落ちやすい点とは

あるローン会社に断られた派遣社員がプロミスの審査に通るためにはその原因を掴むことが重要ですね。ここでは派遣社員という勤務形態に関連する原因を説明していきましょう。

派遣元での勤務期間の短さが原因かも?

カードローン会社の審査に落ちる原因はたくさんありますが、中には派遣社員という勤務形態に関わる原因も確かに考えられます。その中でも最も影響力が大きい原因の一つとして派遣会社での勤務期間が挙げられるでしょう。

例えば、何年というような長期的な雇用契約を結んでおらず月単位や週単位で派遣元の会社と契約するケースがありますね。こうした短期の雇用契約はプロミスなどのローン会社の審査には通りにくくなっているようです。

ローン会社の審査基準の基本は「安定した継続的な収入があること」となっていることが多いため、派遣元での勤続期間がとても重要視されるのです。それに対して短期間の契約を結ぶような派遣社員の場合はどうしても審査で不利になってしまいやすいですね。

派遣社員が短い週単位や月単位で派遣元を変えているような勤務状況を続けている場合はプロミスでも審査に通るのはやはり難しくなるでしょう。

収入の不安定さも審査で不利になりやすい

プロミスを含めたカードローン会社の審査では勤務期間に加えて収入の多さや安定さも重要視されますね。派遣社員の場合、契約期間がある程度長くてもその間の実労働時間が少ない、短い時は収入がどうしても不安定になりやすいでしょう。

ローン会社によっては単に年収の多さだけで審査を行い判定を下すというケースも多いでしょうが、月給での評価を行っているところもあります。そのため後者のようなローン会社の審査では不安定な収入を得ている派遣社員は不利になるかもしれませんね。

例えば、源泉徴収票のほかに直近2カ月分の給料明細書の写しの提出を求めるようなローン会社では収入の安定さを重要視している可能性が高いので、収入が不安定と感じる派遣社員の方は少し慎重に申し込みを考えたほうがいよいでしょう。

プロミスが収入証明書を要求するのは申込者が50万円を超える融資額を希望する場合と総借入額が100万円を超えている場合の方になりますが、ケースによってはそれら以外でも要求される可能性もあるので注意しておきましょう。

短い居住年数や固定電話の未加入も不利になりやすい

派遣社員としての就業状況は人それぞれで多様な働き方がありますが、中には短期間で派遣先が変わり転居することが多い方もおられるようです。しかし、そうした方はローン会社の審査で評価が低くなることもあるといわれています。

派遣先の仕事の関係でどうしても転居しなければならないケース(通勤や家賃の負担などで)がでてくることもあるでしょうが、それが多い派遣社員は当然居住期間が短くなってしまいますね。

ローン会社の審査では居住期間が短いと評価が悪くなるので、上記のような派遣社員は審査で不利になりやすいといえるでしょう。

また、数週間や数か月といった居住期間が想定される場合、自宅に固定電話を設置しない方が少なくないのですが、固定電話に未加入の方もローン会社の審査ではやや不利になるかもしれません。

固定電話に加入していることが申込者の本人確認として重要視されることもあるので(成りすましへの対応で)、携帯電話だけだと申込者としての信用や信頼の点で評価が下がることもあるようです。

プロミスが携帯電話だけの場合の評価をどのように行っているかは不明ですが、評価が下がる可能性も考えて何らかの手を打ちたいですね。

  • 派遣元での勤務期間が短いと審査に影響
  • 収入の不安定さも審査に影響
  • 短い居住年数や固定電話の未加入も審査に影響

派遣社員であることとは関係なく審査で落ちる原因とは

ここでは派遣社員がカードローン会社の審査に落ちる場合、本当に派遣社員という勤務形態と関係ない点で審査に落ちることがあるのか、あればどのような原因があるのかを確認していきましょう。(こちらもご参考に→プロミスの審査ってどうなってる?

派遣社員であることが原因になるとは限らない

派遣社員の方がカードローン会社の審査に落ちてその原因が派遣社員という勤務形態にあると考えられることも多いようですが、そうでないケースのほうが多いかもしれません。ローン会社の多くは派遣社員であることを含めて申込者の状況全体で判断しているようです。

具体的には、派遣社員であるとか正社員でないとだめだとかという判定基準ではなく、派遣社員や正社員の状況も含めて申込者の返済能力と信用力がどういう状況であるかを確認していくらまでならお金を貸せるかという判断をしているといわれていますね。

たとえ、派遣社員としての勤務期間や収入が多くなくてもそのローン会社が30万円までなら貸せると判断できれば審査に通るということであり、実際にそうした事例はプロミスでも多くみられているのです。

そのため派遣社員であることを理由にプロミスへの申し込みをためらう必要はまったくないといえるでしょう。そして、そのことよりも借手としての返済能力や信用力の状態のことを注意しておくほうがよいのではないでしょうか。

やはり信用事故が審査では重要になります

派遣社員という点以外でローン審査に最も影響する一つが過去の信用事故ではないでしょうか。カードローン会社での借入金や商品をローンで分割購入した代金の支払いが滞ったことのある方などはやはりローン審査に通りにくいですね。

ローンの支払いで延滞や不払いなどの実績がある方は、また同じような信用事故を起こす確率が高いとローン会社は判断する傾向があるので信用事故のある方はどうしても審査で不利になりやすいでしょう。

そして、ローン支払いだけでなくクレジットカードの支払いの遅れも影響するので注意が必要です。商品の分割払い分だから少々遅れも大丈夫ではなどと返済を遅らせているとクレジットカードの利用だけでなくローンからの借入れもできなくなる恐れが出てきますね。

また、携帯電話の本体の代金を分割払いしている場合もローンが利用されていることが多いので支払いが大幅に遅れるとその遅延情報は信用情報機関に登録されローンでの審査で影響することもあるでしょう。

さらにそうした遅延の処理として債務整理や保証履行などといった処理を行っているとローン審査の通過が極めて困難になることが多いですね。

ローン審査に落ちた方は第一に以上のような信用事故を起こしている心当たりがあるかを考えてみましょう。

表1:審査に影響が大きい信用事故

信用事故の種類 事故の内容
3カ月以上の延滞 返済期日より3カ月以上支払いが遅れているもの
代位弁済(保証履行) 債務者が返済できない時保証会社等が債務者にかわって債権者に支払う行為
債務整理 一定のルールにしたがって借金を整理すること。
債権者と債務者が話し合いで行う任意整理と、
裁判所を通じて法的に処理する特定調停、民事再生、自己破産、がある
貸倒 債権者が返済されない貸倒として処理したもの

勤続期間が短いとどうしても不利です

現在勤務している派遣会社での勤続期間が短いとローン審査での評価が下がってしまう可能性がありますね。

派遣社員であるかどうかは別にして一般的に勤続期間は1年以上あることが望ましいといわれています。もちろんローン会社によって勤続期間に対する評価は異なるのでどの程度の期間が必要かの判断はできませんが、半年未満ではより厳しくなりそうです。

ただし、勤続3カ月でローン会社からお金を借りられたという事例も少ないながら見られるので、半年未満でもまったく不可能というわけではありません。しかし、他に落ちた原因に心当たりがないようなら勤続期間の可能性も考える必要はありそうですね。

総量規制の影響も大きいかもしれません

派遣社員の方で年齢が若く勤続年数が短い方は年収も少なくなりがちなので消費者ローンを利用する場合総量規制の影響が大きくなるでしょう。

総量規制の適用を受けるプロミスのような消費者ローンでは消費者に対してその年収の3分の1までしか融資できません。そのため既にローン会社やクレジット会社からの借入額が年収の3分の1に達している方は他のローン審査に通ることはないのです。

また、仮に総借入額が3分の1に未達であってもかなり近い水準まで借りていれば審査での評価はよいとはいえず、ローン会社によっては否決することもあるといわれていますね。

もちろん総量規制の点だけでなく申込者の返済能力を踏まえた与信管理の点から審査で落とされることもありますが、この「年収の3分の1」に関わる借入額の大きさは審査での影響が大きいと考えてよいでしょう。

キャッシング枠と借入件数の多さも影響します

借入額の多さは審査での評価により大きく影響しますが、キャッシング枠と借入件数の多さもそれなりに影響するので注意しておきましょう。

借入額は確定した返済すべきこれらの支出ですが、キャッシング枠はあくまで借りられ金額の範囲を示すものであって支出として確定していないものです。しかし、借りることができるということが確定しているので、近い将来借入額になる可能性も低くないですね。

そのためローン会社ではキャッシング枠の大きさも重要視しているのです。借入残高が多めで、なおかつ、キャッシング枠がまだ多く残っているとローン会社としてはリスクが高くなるので貸しにくくなるわけです。

また、借入件数の多さも将来の借入れの増加に繋がりやすいので、やはりローン会社から危険視されますね。

直接的な否決の原因とはならないかもしれませんが、ローン審査での採点に影響する可能性は十分にあるのでこれらの点も確認しておきたいですね。

  • 派遣社員という点以外で審査に落ちることが多い
  • 信用事故が最も審査に影響しやすい
  • 勤続期間が短いとやはり不利です
  • 総量規制に関わるような借入残高は要注意
  • キャッシング枠と借入件数の多さも影響します

派遣社員の不利を克服しプロミスの審査に通るための方法

ここでは派遣社員がローン審査で派遣社員であることによる不利を克服するために何をすればよいか、そしてプロミスの審査に通るためにどうすればよいか、といった方法を確認することにしましょう。

一般派遣から常用派遣や紹介派遣を目指してみる

派遣社員として働く方の中には派遣会社と雇用契約を結ばず短期の個人事業者的な仕事として派遣業務を請け負うこともあるでしょう。また、派遣会社と雇用契約を結んだとしても短い期間の場合(一般派遣)もあるかもしれません。

そうした働き方の結果として派遣会社での勤務期間がどうしても短くなりプロミスなどのローン審査で不利な状況が生まれることになるのです。特に派遣社員は仕事が不安定であるとみられがちなので勤務期間については注意したいですね。

対策としては派遣会社と期間の定めのない雇用契約を結べるような会社への就職を考えてはどうでしょうか(常用派遣)。つまり、一般派遣として知識、スキルや経験を積み常用型の派遣社員を目指すわけです。

もちろん一般の企業で正社員になるのもよいですね。例えば、紹介予定派遣の制度を利用して正社員を目指すというのも悪くないでしょう。

単にプロミスなどのローン審査に通るために勤務先を考えるというのは適切とはいえませんが、派遣社員としての働き方をより安定した形態へ移行できれば仕事もより安定し収入も大幅に増大し生活の質も向上できるかもしれません。

また、常用派遣の社員に直ぐになれない場合は、少しでも長期間の一般派遣の仕事を紹介してくれる、自分のスキルアップに繋がる仕事を紹介してくれる派遣会社に登録して実績を積むようにしてはどうでしょうか。

常用派遣や紹介予定派遣のチャンスが訪れるまで知識やスキルをブラッシュアップしておきたいですね。

収入の不安定さを改善する。そのために勤続期間の長期化を目指す

先ほどの派遣社員としてのタイプに関わることですが、収入が不安定になりがちな一般派遣の方はプロミスでの審査にはやはり不利になることがありますね。

対策としては第一に常用派遣として派遣会社と期間の定めのない雇用契約を結ぶか、紹介予定低派遣で正社員になることが挙げられます。そうなれば当然収入は安定するだけでなく増加する可能性が高いので審査での評価はかなり改善するでしょう。

しかし、直ぐに一般派遣から別の派遣へ移行できない場合はできるだけ短期の派遣の仕事は避け長期の派遣業務を優先したいですね。長期の派遣を受ければ勤務期間も長くなり収入もより安定できるのでプロミスの審査でも問題のない評価が得られるでしょう。

もちろんさまざまな事情で長期の仕事だけを選ぶのは難しいでしょうが、派遣会社の登録先を増やしておくとチャンスは広がるのではないでしょうか。

また、登録先の派遣会社の担当者とのコニュミケーションをよくしておき、できるだけ長期の派遣業務を回してもらえるようにしましょう。派遣先での仕事を誠実にこなしスキルを磨いていれば自分の希望も聞いえてもらいやすくなるかもしれませんね。

安易に転居しない、固定電話で連絡が取れるようにする

派遣の仕事によっては転居が必要なケースが生じるかもしれませんが、それ以外は多少遠くても安易に転居しないほうがプロミスでの審査ではよい評価が得られやすくなります。

居住年数はローン利用者の生活の安定度を図るためのモノサシになり、長ければ長いほど生活が良好に維持されていると評価されるでしょう。逆に短いと生活が安定しているか分からずその分だけ評価は下がることになりますね。

そのためどうしても必要なケース以外では転居を控え多少通勤時間が長くなってもローン審査に通るまでは少なくともかえないほうが無難ではないでしょうか。もし転居する場合は固定電話で連絡が取れることが望ましいですね。

転居してからの期間が短く固定電話もないような場合、生活の安定以外にも申込者本人かどうかという不安がローン会社に生じることもあります。本人に成りすますといった詐欺が少なくないので、居住期間と固定電話の有無は重要視されているのです。

会社の寮、親戚や友人の家などで呼び出しが可能な連絡先があれば必ず記入しておくようにしましょう。それだけでも本人確認としての評価はよくなるはずですよ。

  • 一般派遣から常用派遣や紹介派遣を目指す
  • 勤続期間を長期化し収入を安定させる
  • 不要な転居を避け居住期間を長くする
  • 固定電話を設置するか、第三者を通じて呼び出せるようにする

派遣社員の不利とは関係なくプロミスの審査に通るための方法

ここでは派遣社員ということとは関係のない原因でローン審査に落ちている方がプロミスに通るために何をするべきか、どのように改善するべきかについて説明していきましょう。

信用事故を原因として落ちている場合の対策

カードローンの審査でアウトになる最も影響力が大きい要素は信用事故かもしれませんね。自己破産などを3年以内に起こしている場合はプロミスの審査には簡単には通過できないでしょう。

しかし、起こしてしまったことはどうしようもないですね。あとは少しでも審査通過できる可能性を高める努力をするしかありません。その方法としては、残債を一刻も早く完済することが一つ挙げられます。

自己破産ではどうしようもありませんが、任意整理や特定調停などは支払うべき債務が残るのでそれを一日でも早く返済することが信用の回復に繋がりプロミスでの評価を高めることになるでしょう。

また、残債がある場合でもない場合でも返済能力を改善することも重要になりますね。過去に事故を起こして信用を落としていても現在は債務がなく一定のお金を借りるだけの十分な収入があればローン会社での評価も変わってくる可能性があります。

そのためには今まで見てきたような常用の派遣社員や正社員になって仕事の安定と収入のアップがやはり効果的でしょう。それらがダメでもできるだけ長期の派遣の仕事に従事できるように取り組みたいですね。

あとはクレジットカードの支払いや商品の分割払いなどで遅延のない着実な返済をしていくことも欠かせないでしょう。信用取引にあたる返済をすべて確実に行っていくことが信用面に関するローン審査の評価を改善できるのではないでしょうか。

やはり勤続期間は少しでも長くしましょう

既に派遣社員であることを原因とする対策のところで確認しましたが、常用型の派遣社員であっても1年未満である場合は審査で不利になることもあるので注意したいですね。

プロミスなどの最近のカードローン会社の審査はコンピュータにより自動的、機械的に採点して結果が出されます。そのため一般派遣から常用派遣に勤務形態を変えたとしても常用派遣での勤続年数を申告するとその内容で機械的に処理されるわけです。

もし2~3カ月の勤続期間だとすると評価はかなり厳しくなる恐れがありますね。しかし、店頭や電話で申し込む時に一般派遣から常用派遣なったことや一般派遣での実績・勤続期間などを説明すれば逆に評価を上げてくれるかもしれません。

このように勤続期間が短いと不利になるということを念頭に少しでもプラスになるような情報があるのならプロミスにアピールしてはどうでしょうか。

総量規制にかからないように借入残高を削減しましょう

消費者金融を利用している場合借入残高が多いと新たなローンでの審査には通りにくくなりますが、それはプロミスでも同様ですね。そのためローン会社やクレジットカードからの借入額を適正な金額まで削減することが必要ですね。

他のローンで審査に落ちた原因が借入額の多さにあると思われる場合、まず総量規制にかかるような借入残高になっているかどうかを確認しておきましょう。ローンに申告した時の年収と総借入残高をチェックしてその割合がどうなっているか確かめてください。

借入残高が年収の3分の1を超えていたり近づいていたりすると審査結果に大きく影響している可能性があります。その場合は3分の1よりできるだけ下回る金額まで削減するのがよいでしょう。

また、年収が200万円未満などあまり多くない場合、借入残高が年収の3分の1よりも少なくてもケースによっては評価が厳しくなることもあるようです。そういう場合、一定期間は多少無理をしても毎月の返済額を多めにして支払い借入残高を減らしたいですね。

そうした削減を半年程度続けて借入残高が減り毎月の返済が比較的楽になったと感じられたらプロミスへの申し込みを検討してもよいかもしれませんね。その場合はプロミスの借入診断で必ずチェックしてみましょう。

借入額の削減が思うように進まない、できないという場合はプロミスのおまとめローンや借換えローンの利用を検討してはどうでしょう。プロミスとしても他社に借入額があるよりは自社で借入れしてもらうほうがメリットはあるので相談に乗ってくれるかもしれません。

他社ローンの削減を行いつつプロミスにもおまとめローンの利用について相談してみてはどうでしょうか。

不要なキャッシング枠と借入件数の多さも影響します

借入残高だけでなくキャッシング枠や借入件数の多さも審査に影響し不合格に繋がることもありますね。そのため審査の評価点を少しでもアップさせるために不要なキャッシング枠を削減し借入先も減らすことをオススメします。

他社ローンのキャッシング枠は返済しないとゼロにできないかもしれませんが、減額はできるところもあるので可能な範囲でトライしてほしいですね。クレジットカードのキャッシング枠は未利用のまま枠だけがあるというケースが少なくないですね。

そのキャッシング枠をゼロにできるなら減額し、できない場合はカードの解約も検討してはどうでしょうか。あまり利用していないカードなら余計な支出を押さえる意味も含めて解約するのも悪くはないでしょう。

借入件数の削減はそんなに簡単ではないですが、あまり大きな金額の借入れでなければプロミスのおまとめローンの利用の可能性もあるでしょう。その場合は前に説明した多少の借入残高の返済も必要になるかもしれませんね。

プロミスへのおまとめローンについては店頭や電話などで担当者などと直接会話して返済状況やどのように返済していきたいかなどを具体的に説明すると返済への意欲や姿勢が伝わりやすいので試してみてはどうでしょうか。

  • 信用事故には、残債の早期返済、返済能力のアップ、着実な返済が重要
  • 勤続期間は長めに!前向きな転職は理由をアピールする
  • 借入残高を適正な範囲へ削減する
  • 不要なキャッシング枠と借入件数を削減する

【参考ページはこちら】
プロミスでお金を借りたい方におすすめ

新着記事
TOPICS